各種保健事業

トップ 各種保健事業 個人情報の取扱いについて

更新日:2010年05月24日

個人情報の取扱いについて

(各種健診/補助金/健康管理プログラムをお申込みされる方へ)

各種健診/補助金/健康管理プログラムをお申込みされる方へ

各種健診のお申込みまたは補助金申請、および健康管理プログラムへのお申込みをされる方は必ずお読みください。


1. 各種健診または健康管理プログラム(以下「各施策」という。)の申込書または申請書に記載された個人情報は、各施策の運営上、次の目的に使用するものです。
(1) 各施策に伴う受診または受講費用の払込票・受診結果・資料・器材・教材などを送付するため。
(2) 健診補助金の支払いに伴う手続き等のため。
(3) その他のご助言・ご相談・お問い合わせなどの運営を円滑に行うため。

2. 各施策の実施にあたり、下記の通り個人情報を取り扱います。
(1) 受診者または受講者の申込み、または申請の受付や委託業者への連絡等、各施策を実施する際に必要な情報を収集し、各施策の運営を円滑に行います。
(2) 受診者または受講者の情報は、保険証記号・番号・氏名・住所・電話番号で登録管理し、各施策を進めてまいります。また、登録された個人情報は、各施策の委託先を除き、ご本人の了解なしに第三者に提供することは一切ありません。ただし、個人情報を除いた様式で統計データ等に利用し、今後の保健事業に活用させていただくことがあります。
(3) 登録された個人情報は、各施策に必要な範囲内において、正確かつ最新の情報に保つように、また、個人情報の紛失・破棄・改竄・漏洩・その他の危険に対して、必要な安全措置を講じてまいります。

3. 補助金の支払が発生する健診【「生活習慣病予防健診」のBプラン、及び「女性のためのがん健診(乳房・子宮頚部)」のフリープラン】における黙示の包括的な同意について
 当組合の基本的業務処理は健康保険法令に基づいており、加入者の同意を要しませんが、個人情報保護法の施行後は、当組合として個人データの第三者提供に当たる事項については、加入者の同意を得ることが必要となります。
しかし、加入者本人にとって利益となるもの、又は事業者側の負担が膨大である上、明示的な同意を得ることが必ずしも本人にとって合理的であるとはいえないものについては、厚生労働省のガイドラインによって黙示の包括的な同意を得ればよいこととなっています。
 当組合においては、健診に伴う補助金の支払を、事業主経由で支給すること(任意継続被保険者を除く)については、従来どおりの取扱いとさせていただくこととしますが、この事項はいずれも第三者提供に該当するため、本人の同意が必要となります。
 したがって、当組合では健診に伴う補助金の支払を、事業主経由で支給すること(任意継続被保険者を除く)については、黙示の包括的な同意の取扱いとさせていただきますので、この内容に同意されない方は、被保険者証の記号・番号・氏名及び同意できない理由を記載した文書で、当組合へお申し出ください。申し出がなかった場合、黙示の包括的な同意があったものとみなさせていただきます。

4. お問合せ先
 ジェイティ健康保険組合 保健事業担当
〒105-8422
東京都港区虎ノ門2-2-1 JTビル6F
電話:03-5572-4931  FAX:03-5572-1491



健康情報関連サイト

各種届出一覧へ

アドビリーダー

アドビフラッシュ


個人情報保護への取り組みについて(PDF)当サイトにおける個人情報の取扱いについて

Copyright(C) 2003 ジェイティ健康保険組合 All rights reserved.