健康保険のしくみ

トップ 健康保険のしくみ 健康保険に加入する人及び家族

更新日:2018年10月19日

健康保険に加入する人及び家族

健康保険に加入する人

○強制適用被保険者
 入社(就職)するとその日から健康保険を初めとする各種社会保険の被保険者となります。法人の事業所では、常時1人以上、個人の経営する事業所(強制適用とならないものを除く)では5人以上の従業員のいる会社や工場、商店など健康保険法で定められた事業所に働く方々は、本人の意思にかかわらず誰もが加入することになっています。

○任意継続被保険者
 退職等の理由により、被保険者の資格を喪失した後でも、次の2つの要件を満たしていれば、資格喪失後もジェイティ健保の健康保険に加入(最長年間)することができます。
 これを「任意継続被保険者」といいます。

【任意継続被保険者の加入要件】
  資格を喪失する日の前日までジェイティ健保の被保険者期間が継続して2ヶ月以上あること
  資格喪失日から20日以内に「任意継続被保険者資格取得申請書」をジェイティ健保に提出すること

 ※被保険者の死亡による資格喪失については、任意継続に加入することはできません

ジェイティ健保の任意継続に加入する


保険証はいつから使用できる?

 健康保険に加入した日を資格取得日といい、この日から保険給付を受ける資格が発生します。

保険証はいつから使用できなくなるの?

 健康保険の被保険者資格を失う日を資格喪失日といい、この日から保険給付を受けることが出来ません。(保険証は使用できなくなります)

Q&A
Q: 私はパートタイマーで勤務しています。勤務時間も短いですし、1週間のうち3日間しか出勤しません。1ヶ月のお給料は8万円程度です。
健康保険の被保険者として加入することはできますか?
A: 健康保険等の社会保険が適用される方は、以下の1)~5)の要件を全て満たす短時間労働者の方が対象です。

1)1週間あたりの決まった労働時間が20時間以上であること
2)1ヶ月あたりの決まった賃金が88,000円以上であること
3)雇用期間の見込みが1年以上であること
4)学生でないこと
5)以下のいずれかに該当すること
  ①従業員数が501人以上の会社(特定適用事業所※)で働いている
  ②従業員数が500人以下の会社で働いていて、社会保険に加入することについて、労使で合意がなされている(平成29年4月より)

※正社員の方など、すでに社会保険の対象となっている従業員の数で数えます。



健康保険の被扶養者(家族)

 健康保険では被保険者だけでなく、被保険者に扶養されている家族にも保険給付を行います。
 保険給付を受けることのできる家族を被扶養者といい、被保険者が被扶養者認定申請の手続きを行い、被扶養者として認められると保険証(家族)が交付されます。

被保険者の家族ならだれでも被扶養者になれる?

 1. 被扶養者の範囲は法律(健康保険法 第3条第7項)で決められています。
 2. 被扶養者になるためには、主として被保険者の収入によって生活していること(生計維持関係)が必要です。

被扶養者の範囲は?

  被扶養者の認定には、「主として被保険者による生計維持関係があること」が必須条件ですが、加えて「被保険者と同一世帯に属していること」も条件となる場合があります。
(下記表を参照)
被扶養者の種類 被扶養者の範囲
[1]主として被保険者によって生計を維持されていればいい人 ・被保険者の父母などの直系尊属
・配偶者(内縁関係を含む)
・子、孫、兄弟姉妹
[2]主として被保険者によって生計を維持されていて、かつ、被保険者と同一世帯に属していることが必要な人 [1]以外の
・被保険者の三親等内の親族
・内縁関係の場合その父母及び子

参考:被扶養者の範囲(表)


「被保険者による生計維持」の基準は?

(1)被保険者と同一世帯に属している場合
 年間収入が130万円未満(60歳以上または、厚生年金法の障害年金がうけられる程度の障害者の場合は180万円未満)で、かつ、被保険者の年間収入の2分の1未満であること。
(2)被保険者と同一世帯に属していない場合
 年間収入が130万円未満(60歳以上または、厚生年金法の障害年金がうけられる程度の障害者の場合は180万円未満)で、かつ、その額が被保険者の援助による収入金額(被保険者からの仕送り額等)より少ないこと。

同一世帯に属していない被保険者の父母などの直系尊属や孫・兄弟姉妹については、被保険者からの送金により、生計維持されていることが必要です。

被扶養者にする手続きはどのようにするの?

  事業主経由でジェイティ健保へ手続きをしてください。(任意継続被保険者は直接、ジェイティ健保へ手続きしてください。)

被扶養者認定申請手続き


(注)手続きが遅れると保険給付が受けられない期間が生じることもありますのでご注意ください。