病気・けがをした時

トップ 病気・けがをした時 訪問看護を受けた

更新日:2013年11月01日

訪問看護を受けた

訪問看護療養費

  在宅で訪問診療・訪問看護を受ける場合の費用も、一定の基準を満たした場合に健康保険扱いとなり、かかった費用については事後に健康保険からの払い戻しを受けられます。(被扶養者は家族訪問看護療養費として支給されます)
なお、訪問看護療養費・家族訪問看護療養費ともかかった費用の7割が支給されます。


支給条件

  末期のがんや難病のため自宅で療養している人が、かかりつけ医師の指示にもとづいて、指定訪問看護・介護サービスを受けたとき。
※支給に伴う申請は、ジェイティ健康保険組合で自動的に行うため申請不要。


付加給付

  訪問看護療養費・家族訪問看護療養費とも、1ヶ月の自己負担額の合計額(高額療養費及び家族高額療養費は除く)から、(1)被保険者本人は20,000円 (2)被扶養者は30,000円を差し引いた額(控除した額が1,000円未満不支給、その額に500円以上1,000円未満の端数があるときは500円、500円未満の端数は切捨て)が支給されます。

参考:当健康保険組合の付加給付