病気・けがをした時

トップ 病気・けがをした時 業務上・通勤途上の病気・けが

更新日:2013年11月01日

業務上・通勤途上の病気・けが

 健康保険で治療を受けられる病気やけがは、業務災害(労働者災害補償保険法に規定する業務災害のこと、通勤災害含む)以外に限定されます。
したがって、業務上または通勤途上の原因(労働者災害補償保険法に規定する業務災害に該当、通勤災害含む)における病気やけがは労災保険(労働者災害補償保険法)で保険給付を受けることとなります。

主な事由

業務上の原因における病気やけが 通勤途上の原因における病気やけが

仕事中または仕事の準備中・後始末中・待機中のけが


仕事中のトイレ・休憩、歩行中のけが


営業活動中の交通事故(自損事故含む)によるけが


会社施設の管理不備によるけが


出張や出張途上、あるいは社用による社外での仕事中のけが


業務命令で参加した仕事中のけが


仕事と病気の間に相当の因果関係が認められる場合



※自宅と勤務先との間を往復する間に起きた場合に該当。通勤経路の途上で日用品の購入など、日常生活に必要な行為を行う場合はその行為を行う間を除き、通勤経路に戻ってからのけがや事故は、通勤災害に認められます。


出退勤途中での交通事故によるけが


路上で転倒、駅やマンションの階段を踏み外してのけが


電車やバス内でのけが


日常生活上、必要な行為(外食・買物等)のあと、通常の経路に戻ってからのけが


※往復の経路を外れて飲酒・遊技等をした場合は、通勤災害とされません。



労災保険(労働者災害補償保険法)の手続きについては、事業主、管轄の労働基準監督署にお問い合わせしてください。